So-net無料ブログ作成
検索選択

本当にC-HRは買いなのか!?

C-HRが発売されて、色々と情報も公開されています。トヨタのホームページでは、見積りシミュレーションが出来るようになっているので、C-HRの見積りを出してみて、本当にC-HRは買いなのか!?検討していきたいと思います。

C-HRのグレードはGで見積りを出してみたいと思います。ハイブリッドの2WDです。

車両価格=2,905,200円
オプション=622,404円
税金・諸費用=123,627円

合計=3,651,231円

想像以上に高いですね。オプションは個人的な好みが反映されてます。オプション内容は、外観がLEDヘッドランプ、スカッフプレート、ナンバーフレーム。室内が本革シート表皮。快適装備がフロアマット、ラゲージマット、IRカットフィルム。ナビ・オーディオが9インチモデルナビ、ドライブレコーダー、ETCの以上です。オプションで減額することが出来ると思いますが、最低でもこれくらいは装着したいところです。欲を言えば、モデリスタのエアロも装着したいので、逆に増額します。

スポンサードリンク





これを参考に、今度は、トヨタのラグジュアリーSUVのハリアーの見積りを出してみたいと思います。グレードはEREGANSU。2.0Lの2WD。

車両価格=2,880,000円
オプション=531,252円
税金・諸費用=190,607円

合計=3,601,859円

なんと、C-HRとほとんど変わらないという結果になりました。ハイブリッドとガソリンエンジンの違いがあるので、一概に同じとは言えませんが、グレードさえ変えれば、C-HRと似た価格でハリアーが買えてしまいます。ちなみにオプションは、C-HRと同じような物を選んでます。
IMG_1041.JPG

続いて、C-HRより一回り大きい、マツダのCX-5。グレードはXD。2.2Lディーゼルの2WD。

車両価格=2,775,600円
オプション=226,338円
税金・諸費用=129,500円

合計=3,163,838円

まさかの、かなりC-HRより安い結果になりました。こちらもエンジンの違いがありますが、CX-5にはクリーンディーゼルが搭載されていて、燃費・燃料代のメリットもあります。オプションがかなり安くなってるのもありますが、これは魅力的です。ちなみに、安くなった理由はナビ関係の価格です。

こうやってみてみると、絶対にC-HRでなければいけない理由はないように感じてしまいました。ただ、C-HRの1番の魅力は、やっぱりデザインの格好良さだと思うので、そこに惚れて買うなら、多少の価格は目を瞑るしかないのかなと思います。もしくは、グレードを落とし、ダウンサイジングターボを選ぶか。現在、ダウンサイジングターボに4WDの設定しかないので、今後、2WDの設定が加われば、かなり買いやすくなるのではないでしょうか。


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

C-HR乗り比べしてみた! [試乗]

先日、トヨタのホームページを見てると、C-HRの展示車が試乗車に変更になっていたので、早速、試乗してきました。

いつもお世話になってるトヨタカローラに行き、ここにはハイブリッドのベースグレード「S」の試乗車が用意されていました。カラーはイエローででした。
IMG_1017.JPG

第一印象は、やっぱりカッコイイ。イエローのボディーカラーも凄く似合ってました。写真を見てると大きそうに見えるけど、実際に見てみるとコンパクトで調度良い大きさだと思いました。2ドアっぽく見えるスタイリングも良い。

インテリアは最近の車らしく良い感じだと思いました。カーナビやスイッチ類の位置が高めで、目線の移動が少なくすみます。その上、視界の妨げにもなっておらず良いと思います。カタログを見た時点ではステアリングのデザインが個人的に好みじゃないかなぁとと思ったのですが、実際に見てみると良い感じでした。リアも狭そうに見えますが、実際に座ってみると十分なスペースがありました。落選スペースはSUVにしてはイマイチなのかなぁと思いましたが、そこはスタイリング重視だから仕方ない。

走りは問題ないと感じました。プリウスにさいようされてるハイブリッドシステムなので、特に不満はありませんでした。特に良いと感じたのは足回り。少し硬めに感じですが、ワインディングロードや高速道路では、かなり良い感じで走れそうな雰囲気でした。

スポンサードリンク





その後、ネッツトヨタへ行き、また試乗。ここはダウンサイジングターボの上位グレード「G-T」で、カラーはメーカーオプションのセンシュアルレッドマイカでした。

見た目の違いのは18インチアルミホイールや、メーカーオプションのヘッドライト装着くらい。ベースグレードで17インチホイールと比べると、スタイリッシュな印象。メーカーオプションのヘッドライトは、トヨタ車発の流れるターンランプが採用されてるハイブリッドシステムされています。

内装はファブリックと本革のコンビシート。ベースグレードはファブリックシートなので、高級感が出ますね。また、ヒートシーターも採用されてます。他に大きな違いはないように感じました。

走りは街中だとハイブリッドの方が良い印象でした。ターボとはいえ1.2リッターエンジンなので、出だしが少しもっさりしてる感じ。でも、走ってる感じは、こちらの方が好みでした。ターボも本領は、上り坂や加速時でしょうね。足回りは同じだと感じました。


ハイブリッド(S)とダウンサイジングターボ(G-T)の乗り比べが出来ましたが、今の段階だとハイブリッドの方が良いのかなぁと思いました。C-HRの場合、ハイブリッドはFFのみの設定がで、ダウンサイジングターボは4WDのみの設定なので、価格差が10万円ちょっとしかなく、その上、燃費が倍近く違うので、それを考えると「どうしても4WDが良い」という方以外は、ハイブリッドなのかなぁと思います。

もう少し、設定が増えると面白いなぁと思います。個人的にはGz仕様を希望します。


スポンサードリンク




タグ:試乗 TOYOTA C-HR
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

C-HRのガソリン車はレギュラーガソリン仕様

C-HR発売から1週間。

カタログを手に入れることが出来たので、気になったことを幾つか上げてみたいと思います。

スポンサードリンク





まず、1.2Lガソリンターボエンジン車の使用燃料が無鉛レギュラーガソリンだということ。同じエンジンを使用しているオーリスの場合、無鉛プレミアムガソリンなので、それだとセリカと大して燃料代変わらないなぁと思っていたのですが、レギュラーガソリンで済むなら、今より楽になります。

あと、アルミペダルの設定がないムーンルーフのオプションがないこと。こういうのって、上位グレードに設定があったり、オプションで設定出来たりすることが多いと思うのですが、C-HRにはどちらもないようです。どちらもなくても問題ない部分ではありますが、個人的に欲しいなぁと思っていたので、少し残念です。

これも大したことではありませんが、オーディオスピーカーが6スピーカー。今、所有しているセリカは、セリカライブサウンドシステムみたいなのがあったと記憶してるのですが、C-HRにはそういった設定はないんですね。

ざっとカタログを見て気になったのは、これくらいですかね。カタログは、トヨタのホームページでデジタルカタログで閲覧することも出来るので、気になる方は確認してみると良いかもしれません。


スポンサードリンク




タグ:C-HR
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

【番外編】バイクで本当に節約出来ているのか!?

今回は番外編。

今、車1台所有の他に、バイク2台を所有してます。
DSC01966.JPG

1台はホンダのモンキー。車のローンが終わったタイミングで、車の走行距離を減らすために購入。そのうち、モンキー弄りにハマってしまって、現在では気軽に乗れない仕様に。ほとんど乗ってません

もう1台はホンダのフォルツァSi。以前に400ccバイクからの乗り換え。車検がなく、維持費が安く、気軽に乗れるバイクで選びました。購入当初は通勤に使ってガソリン代節約してたのですが、結局、車に乗ることが多くなり、今では、ほとんど乗ってません

どちらも節約が目的で所有したのですが、ほとんど乗ってないのが現状です。年間にいくらお金がかかってるのか、これで果たして節約になっているのか検証してみたいと思います

スポンサードリンク





はじめにバイクの購入代金ですが、どちらも完済しているので、月々の支払いはありません。また、車検も必要ありません。

その他に必要なもので、自賠責保険、任意保険、税金

自賠責保険は長く加入した方が割安になりますが、今回は1年間加入で考えたいと思います。

 モンキー=7,280円

 フォルツァ=9,510円

任意保険は保険会社は年齢等で、保険料が変わってくるので、おおよそで計算したいと思います。

 モンキー=15,000円

 フォルツァ=20,000円

税金は重量税と軽自動車税が必要です。

 モンキー=重量税0円+軽自動車税2,000円

 フォルツァ=重量税4,900円+軽自動車税3,600円

これに加えて、ガソリン代やメンテナンス代等が必要になってきます。

上記を合計すると、年間に

 モンキー=24,280円

 フォルツァ=38,010円

 合計62,290円

これだけの金額が年間に最低でも必要になってます。

これを考えると、節約にはなってないように感じます。バイクに乗ってガソリン代節約してるなら話は別ですが、乗ってないとなると余計に勿体無い感じです。

車購入を考えてるので、これをキッカケにバイクを手放すという選択肢もありですが、バイクの魅力もわかるので難しいところです。


スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

高級感・上質感とは、こういうこと…LEXUS NX [試乗]

今日、通勤途中に初めてC-HRの実車を見ました。

積車に載ってるイエローのC-HR。

めっちゃ格好良かったが、通勤途中だったので、じっくり見れなかったのが残念でした。

スポンサードリンク





先日、レクサスへ試乗しに行きました。

レクサスへは数年前に一度、ISの展示車を見に行ったことがある程度。今回の店舗は初めて。

試乗した車種はNX

あまり現実的ではないけど、気になる車種なので試乗してみました。

レクサスのホームページから試乗予約が出来るので、事前に予約をしてから伺いました。

予約時間に到着すると、駐車場が満車で困ってると、スタッフの方が出てきてくれ「要件は?」と聞かれたので、「試乗予約した者です」と伝えると、すぐに分かってくれて「壁際に停めておいて下さい。あとで移動させておきます」と言われたので、鍵を預け店内へ。

試乗準備、担当者が来るまでアンケートを記入しました。

担当者が来て、早速、NXの元へ。

今回、試乗したグレードはNX200t F SPORT
NXFSPORT.jpg
(レクサスHPより)

はじめに外観の説明を受けて、その後、車内に入り簡単な説明を聞きました。エクステリアは凄く綺麗な
デザインでありながら、SUVの力強さも表現されていて素晴らしいです。インテリアはレザーの感じやステッチなど「高級感、上質感とは、こういうことだ!」と感じました。
NXFSPORT1.jpg
(レクサスHPより)

その後、試乗スタート。

乗り心地は文句なく、安定感があり、とても快適です。

走行モードを切り替えることもでき、スポーツモードだと反応も良く、また足周りの設定も変更されて、大きいボディーを感じさせない走りを体感できました。200tは2000ccターボエンジンで、少し重たい感じなのかなぁと想像してましたが、パワーは十分だと感じました。

試乗を終えて「見積もりは?」と聞かれ、必要なかったけど「お時間があるようでしたら」と言われたので、折角なのでお願いしました。半個室みたいなところに案内されて、少しビビりましたが。

一般的なオプションを付けて…庶民には恐ろしい見積もり結果になりました。でも、試乗してみて納得の金額です。

現実的ではないと思い、選択肢には入ってなかったですが、試乗してしまうと欲しくなりますね。それ程、満足出来ました。


スポンサードリンク




タグ:LEXUS NX C-HR
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

【速報】C-HRの情報がトヨタより多数更新

いよいよ発売日迎え、トヨタ公式サイトにC-HRの情報が多数更新されています。
carlineup_c-hr_exterior_top_pic_01_01_large.jpg
(トヨタ自動車公式サイトより)

車両価格はガソリン車で2,516,400円〜。上位グレードになるとハイブリッド車で2,905,200円〜

燃費はハイブリッド車で30.2km/Lガソリン車で15.4km/L。やっぱり、プリウス、オーリスより若干、燃費が落ちますね。

大体、予想通りの数値かなぁといった感じですね。

スポンサードリンク





YouTubeのトヨタ公式チャンネルには、エアロパーツ装着されたバージョンが公開されてます。複数用意されてるみたいなので、自分好みにカスタマイズできそうです。また、小林 可夢偉選手によるインプレッション動画も公開されてます。

今回は速報として、簡単に紹介しましたが、詳しく情報を知りたい方は、公式リンク貼っておくので、よろしければ、そちらから確認してみて下さい。


トヨタ自動車公式サイト C-HR/http://toyota.jp/c-hr/?padid=ag341_from_chr_navi_top
YouTube トヨタ自動車公式チャンネル/https://www.youtube.com/user/toyotajpchannel/featured

スポンサードリンク





タグ:C-HR
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

いま、マニュアルに乗る。 [試乗]

「いま、マニュアルに乗る。」

このキャッチコピーで登場した新型アルトワークス
アルトワークスmainimage1.jpg
(スズキ自動車サイトより)

今回は、このアルトワークスに試乗してみました。

試乗車は2WD5MTです。

スポンサードリンク





エンジンは660cc水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボで、 64PS10.2kg・mを発揮します。

実際に走ってみた感じは、ノーマルのアルトに乗ったことがないので比較は出来ませんが、恐らく、かなりシッカリ作られてるんだろうなぁという印象を受けました。

軽いボディーをショートストロークの5MTで操る感覚が楽しかったです。ターボ過給圧が高くなると色が白から赤に変化するブーストインジケーターがメーター内にあり、視覚的にも加速を感じられ良い感じ。
5MTimg02.jpg
ターボimg05.jpg
(スズキ自動車サイトより)

シートもレカロシートが2脚入っており、ホールド感もバッチリです。
レカロimg03.jpg
(スズキ自動車サイトより)

個人的な使用用途は、通勤メイン。しかも、通勤距離も短いので、アルトワークスは必要十分な車種です。軽自動車で維持費が安いのも、かなり魅力的です。

ただ、たまに遠出したりするので…その時は、レンタカーを借りるというのもアリかなと思いますが。

こういう選択肢もありなのかなぁと少し思いました。


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

C-HRのライバルたち~ホンダ VEZEL編~

本日、C-HRの一般先行試乗会が行われて、かなり発売が身近に感じられるようになってきました。

そんな今回は、C-HRの最大のライバルになるであろう、ホンダ「VEZEL」について記事にしてみたいと思います。

VEZELは以前、試乗したことがあるので、その時に感じたことをメインに書いていこうと思うのですが、試乗したのが2年前なので、記憶が怪しいですが、ご了承ください。

スポンサードリンク





試乗したVEZELは「HYBRID X・Lパッケージ」というグレードです。

この時、初めてハイブリッド車を運転したので、不思議な感じがしたのを覚えてます。

外観はそんなに大きく見えないのに、車内は意外と広いなと感じました。

あと最近、だいぶ普及してきた電子制御パーキングブレーキが搭載されていて、戸惑いました。スイッチ操作でオン/オフでき、発進時にアクセルペダルを踏めば、自動的に解除できます。便利ですね。見た目にもスッキリしますし、良いと思います。

試乗コースが渋滞してるようなところだったので、あまり参考になりませんが、不満は感じなかったです。

シートアレンジも充実していて、使い勝手も良さそうです。

流石、人気車種だなといったところです。

見積もりは「HYBRID Z」で出してくれたのですが、約300万円程度。いい値段しますね。

C-HRも、これくらいで出してくるんでしょうね。

C-HRは後出しの分、少し有利かなと個人的に思いますが、総評、VEZELはとても良い車だと思います。


スポンサードリンク




タグ:HONDA vezel
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

C-HRの支払い金額を考えてみた

今回は、C-HRの支払い金額について考えてみたいと思います。

まだ、公式な金額は発表されていないので、恐らく近い金額だろうと思われるトヨタのオーリスを参考にしたいと思います。

まず、C-HRのガソリン車は、オーリスに搭載されるエンジンと共通らしいので、オーリスの120T RS Packageと、HYBRID G Packageで比較して考えてみます。

とりあえず、オプションは無しで計算したいと思います。

スポンサードリンク





車両金額は、120T RS Packageが2,590,037円。HYBRID G Packageで2,832,545円です。金額差は242,508円です。

税金・保険料が、120T RS Packageが107,140円。HYBRID G Packageで53,140円です。金額差は54,000円です。

販売諸費用(参考価格)は65,817円で、リサイクル料金は10,490円と、どちらも同じ金額です。

これらを合計すると支払総額は、120T RS Packageが2,773,484円HYBRID G Packageで2,961,992円です。金額差は188,508円です。

税金分、支払総額の差が減ってますが、HYBRID G Packageの方が高いのには変わりないですね。減税がなければ、もっと高くなるので、この価格で買えるのはお得と考える方が良いのかな。

ただ、どちらもオプションを何も付けずにこの価格ですから、実際に購入となると、ガソリン車もハイブリッド車も結構、いい値段になるのかなと思います。

まだ、はっきりとは分かりませんが、とりあえずは貯金する必要がありそうです。


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

少しずつ見えてきたC-HRの詳細

日本での発売が近づいてきて、少しずつ詳細が見えてきたC-HR。

先日、プレス向けに試乗会が開催されたようで、ネットで最新インプレッションがUPされてますね。

そのインプレッション記事を読んで気になったのが、「ハイブリッド車の方がオススメ」ということです。

スポンサードリンク





ハイブリッドだと、モーターとガソリンでパワーのある走りが出来るし、ガソリン車の倍の燃費で走れるのでオススメみたいです。

個人的にはガソリン車の方を所有してみたいと考えていたので、このインプレッションは気持ちが揺らいでしまいます。

でも、ハイブリッド車は車体価格が高くないのかなぁ。燃料代を取り戻せるのなら、ハイブリッド車がオススメなのも理解出来るけど…自分の使用用途を考えると、短距離メインなので、ハイブリッド車は必要ないかなぁと思うんだけど。

走りに関しては、ハイブリッド車もガソリン車も大差ないようです。

この辺は、もう少し詳細が分かってから、また、実際に試乗して乗り比べしてみたいです。

もう1つ気になっていたのが、リアシートとラゲッジスペース

リアシートは狭いのかなと思っていたのですが、写真を見る限り、十分なスペースではないかと思います。

ただ、リアのウィンドウは小さいのかなぁと思った。まあ、自分は運転席に座るので、あまり気になりませんが。

ラゲッジスペースは左右のボックスを外すことで、ゴルフバックを積載出来るそうです。そんなに重要なことではないように思いますが…。

リアシートを倒せばフラットになり使えそうです。

個人的に気になったのは、これくらいでしょうか。

まだプロトタイプのようなので参考程度に考えたいなと思います。


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車